爪水虫の治療方法②塗り薬で治す【病院の処方薬と市販薬があり】

爪水虫の治療方法の2つ目は塗り薬での治療です。病院で処方される処方薬と一般的な薬局や、ネットの専門店などで購入できる市販薬の2種類があります。

 

爪水虫の塗り薬:病院の処方薬

以前日本で承認されている爪水虫治療に使える薬は内服薬だけでしたが、2014年より塗り薬での治療も保険適応で開始されました。「クレナフィン」と「ルコナック」という2種類の薬です。

どちらも1日1回患部に塗布して使用します。病院のみでの処方となるので、こちらも完治するまで毎月通院する必要があります。

ルコナックでの治験では、48週間薬を使用して全体の17.8%が完全治癒したとのこと。2年使用してもなかなか完治が難しいという現状があるようですが、塗り薬が開発されたのが最近なのでさらにいい薬が出てくるかもしれませんね。

 

 

爪水虫の塗り薬:市販薬

通院するのがなかなか難しい、そんな方は自宅で市販薬を使用してじっくり治療を行うという方法があります。

市販薬でも爪水虫専用塗り薬があるんです。ちなみに私は病院での飲み薬を試したあと、通院できなくなってしまったので自宅で治すこの方法をとりました。2017年現在、市販薬でも爪水虫に効果のある薬が販売されています。調べてみると想像以上に色々な薬があって、結構選ぶ際に悩みました。

薬局で購入できるのは、大源製薬のエフゲン、ロート製薬のエクシブなどです。ただあまり口コミを調べると高い割に効果がちょっと…という声も多かったので、もっと専門的な薬はないかな?と探しました。その際にネット通販のみで購入できるのが、クリアネイルショット、Dr’sクリアネイル、MOIYAなど結構いろいろあるなーっということがわかりました。

爪水虫の治療を行うためには爪の中の白癬菌にまでしっかり薬が行き渡るように「爪水虫専用」の薬でないとなかなか効果がありません。そんな中、一番新しい新薬で、口コミでとても評判のいい市販薬の塗り薬がクリアネイルショットかな~。というのが私が色々調べた結果です。

 

 

爪水虫の治療方法③レーザー治療【自費診療の為高額&病院が少ない】

2017.05.19

爪水虫の治療方法②塗り薬で治す【病院の処方薬と市販薬があり】

2017.05.18

爪水虫の治療方法①飲み薬【副作用あり肝機能障害がある人はNG】

2017.05.17